ネパールのこといろいろ

縁あってネパールが第二の故郷になりまして

ネパール女子のオシャレ

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。今日はネパール女子のファッションについて。

わたしはネパールに初めて行ったとき、「日本人はリッチ」なイメージで思われ、狙われるかもしれないから、と最大限、汚い(古い洋服)を持っていきました。

 

しかし、現地に入ると、、わたしが一番雑な格好をしているのでは・・・!?ローカルの女子たち可愛いじゃないか!!ということに気づいたのです。。

 

おしゃれな普段着

はっきり言ってネパールの女性は、おしゃれが好きという印象ですね。

 

 

ちなみに、インドやネパールというと、女性はサリーを着ているイメージがあるかもしれませんが、サリーはパーティのときなどおめかし用で、しかも既婚者のもの

 

未婚者、若い女性はレンガと呼ばれる、お腹がちょっと出たり、出なかったりするブラウスとスカートの接トップを着ます。小さな女の子が着てると、めちゃくちゃ可愛い。

f:id:araam:20180917232034j:plain

 

普段着の主流は、クルタ・スルワール。 10代の若者の間ではスキニージンズなどの洋服がはやっていますが、いまだ主流はクルタ・スルワールといえると思います。

クルタスルワール、チュリダー

腰が隠れるくらいのトップス(クルタKurta)に、ふわっとしたパンツ(スルワールSURUWAL)を合わせたり、ひざ下くらいのトップスに足首のあたりがクシュクシュになった少しぴったりしたパンツを合わせます。

 

前者がクルタスルワール、後者はチュリダー。

 

これにショールを巻くのが一般的。いずれもいわゆるセットアップですね。

 

基本、パンツスタイルな感じなので、冷え知らず?

 

下は、とあるお寺にギョウサン集まる女子たち。お祭りなのでめでたい赤色を来ています。結婚成就のお祈りの日だったとかです。なかにはサリーの人もいますね(背中やお腹が出ている)。 

ネパール女子が集まる

日本で全部合わせて着ると、なんか、ザ・エスニックな感じになってしまうのですが、下をジーパンに替えて着ると、さまになります!

基本オーダーメード

洋品店には、既製クルタスルワールがそのまま並んでいることは少なく、クルタ用・スルワール用・ショール用の布が売ってます

 

採寸し、自分のサイズに合わせて縫製してもらいます。

 

面白いのが、仕立てる前の布。

 

布の状態から出来上がり図画なんとなくわかるんです。こんな感じで売ってるので。↓これ、仕立て前の布です。

ネパールの洋品店

ネパールで1週間ほどの滞在ができるなら、オーダーメイドのクルタを作ってみるのもすごく楽しいと思います。

 

 

おすすめポイント

  • まず色が素敵日本でお目にかかることのない鮮やかな色のオンパレード
  • 刺繍がすばらしいです。

 

日本では、刺繍の施されたお洋服って手がかかってるだけあって、非常に高価だし、最近は安っぽい刺繍が多い。

 

ネパールでは、またまだ昔ながらの刺繍のあるお洋服や小物がリーズナブルな価格で手に入りやすいです。お洋服も、全面刺繍というのも珍しくない。

 

ちなみに、こんなふうに大量に売っているお店もあります。迫力がすごい。

f:id:araam:20180917231717j:plain

 

では、ここでアド街ック天国風に、街行く女性たちのお洋服シリーズ。

この子は、トップが長くないですね、、よく見ると。

f:id:araam:20180905222402j:image

これ典型的。

ネパールのおしゃれ

色が綺麗。

クルタがカワイイ

これも典型的。可愛い。

ネパールの洋服がカワイイ

ちょっと年配の方のですが、綺麗な色シリーズ。

f:id:araam:20180905222718j:image

f:id:araam:20180905222802j:image

タメルのお店ならご紹介します^^

ちなみに、カトマンズのタメルでお洋服を作りたい方、お声かけていただければ、知り合いのお店をご紹介します!

 

完全ローカルのお店なので楽しいかも。

 

これ、そこで作りました~!

f:id:araam:20180905224729j:plain

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヒンドゥー教・インド哲学へ